恋煩い-大人向け音声作品制作サークル-

日常の自分から解放されて、気持ちよい時間を過ごす為のお手伝いが出来たらと思い、大人向けの音声作品を制作しています。

おはようございます、冬野です。
早々に沢山の方からカイ役へのエントリーを頂き、大変嬉しい限りです。

本日12/26の9時までにエントリー頂いた方と音声をご応募してくださった方へメール返信済みです。

エントリー並びに音声応募のメールを送信したけれど返信が無いという方がいらっしゃいましたらお手数ですが再度送信頂くか、ブログにコメントを残してくださると助かります。

こんばんは、冬野です。
無事シナリオも完成し、メインのトワ役の声優さんには収録に入って貰っております。

本日12/25までエントリーしてくださった方にはメールを返信済みです。
エントリーのメールを送信したけれど返信が無いという方がいらっしゃいましたらお手数ですが再度送信頂くか、ブログにコメントを残してくださると助かります。

どうぞ宜しくお願いします。

冬野です。
随分と間が空いての更新となりお恥ずかしい限りです。
前作を販売してから半年も過ぎてしまいました。

すぐに新作を・・・と思っておりましたが、催眠音声のスクリプトを書いていく上で色々考える事がありました。

理由はただただ、私自身が勉強不足だと言う事です。
催眠音声についてとにかくもっと知識をが必要だと感じ、書籍を購入して勉強したり、動画やサイトなどを巡り色々学ばせて頂きました。
それでも正直まだ納得いくスクリプトに辿り着けていません。
ここを削るとおかしい、ここが少しくどい、この部分が足りない。
一人でずっとやっている作業なので、客観的な判断がつかず書いたり消したりして結局満足出来ず足掻いておりました。

前作のスクリプトを書いた時は「勢い」と「これだ」という確信めいたものがあり、すぐに形にする事が出来ましたが、知れば知るほど催眠音声スクリプトは奥が深く・・・
このままだといつまで経っても発表出来ない、どうしようと半諦めかけておりました。


そんな中、先日久しぶりにDLサイトからレビューのお知らせを頂き拝見致しました。
本当に有難い、涙が出るほど嬉しい内容でした。
しかしそれと同時にやはり販売中の催眠スクリプトはまだまだ詰めが甘いのだと思いました。

それでも次の作品を期待して待って下さっている方がいる事が私の中でとても大きなエネルギーに変わりました。
改めて全てのレビューを読み直し、温かい言葉を残してくださった方々へ感謝の気持ちでいっぱいになりました。


そこで、今回催眠音声作品ではなく、女性向け「官能音声作品」を作る決意を致しました。

前作でおまけとして同梱した「ドラマパート」を気に入ってくださった方が非常に多かったので、まずは前作の催眠音声『少年嗜好症』僕達はギムナジウムへ通う男の子の完全ドラマ版を下記の通り制作しようと思っております。


タイトル
官能音声『少年嗜好症』回想ギムナジウム


概要
・催眠音声ではなくシチュエーション音声作品
・聞き手の方(リスナー側)ご自身がギムナジウムに通う少年であると想像して頂き、気持よい時間を過ごして頂くBL作品
・18禁作品ですので、勿論性描写も含んでおります
・物語と官能的な要素の両方が楽しめる内容
・ドラマパートとアダルトパートをトラック分けし、全て聴いてもどちらかだけ聴いても楽しめる構成


このような形で制作を進めております。
官能音声作品を完成させた後、再び催眠音声作品に着手したいと考えております。


これからも「恋煩い」をどうぞ宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ